九州産直通信

気軽に登れて絶景が拝める九州の「初日の出スポット」ベスト3

2022年1月1日、あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年といえば初日の出。昭和のころ、当店の本拠地である福岡の小学校では、年が明けた直後の深夜に山に戻り、早朝に初日の出を拝むという慣わしが毎年ありました。

当然、私も小学校1年生から6年間、標高800mの山に片道3~4時間かけて登りました。懐かしい思い出、でも、二度と登りたくない思い出(^^;
それでも、初日の出を拝めた時の感動はいまでも鮮明に覚えています。

さて、昨今、登山ブームも相まって初日の出の参拝者は増加傾向にあるようです。

さすがに片道4時間は躊躇しますが、九州には片道2時間以内で気軽に登れる山も多く、もちろん人気の初日の出スポットにもなっています。

今回は元旦にふさわしく当店がおススメする九州の初日の出スポットを紹介します。

1.由布岳(大分県由布市)標高1583m ※マタエは同1494m

由布岳

九州のみならず、いまや全国的にも人気の温泉地として知られる湯布院。この町のシンボルが由布岳です。登山道は途中、岩場もありますが、道が整備されていて、比較的なだらかなので登りやすいのが特長。登山口から約2時間で登頂することができます。

頂上部は上級者向けの西岳と東岳に分かれていますが、一般的にはその分岐点である「マタエ」で登頂となります。ここからの眺めも十分絶景です。そして、何といっても登山後の温泉。熱めのお湯につかった瞬間、由布岳に登って良かった!と実感できること間違いなし。

由布岳

2.高千穂峰(鹿児島県霧島市)標高1573m

高千穂峰

坂本龍馬が新婚旅行で訪れたことでも知られる人気の登山スポット。頂上には「天の逆鉾」と呼ばれる謎の剣が刺さっているのが特長です。
火山噴火によって消失した霧島神宮跡地が出発点。登り始めて15分ほどで岩肌が現れ、そこからは頂上まで常に360度ビューの大パノラマ。天気が良ければ遠くには桜島、さらには屋久島の宮之浦岳も眺めることができるので、山道はきついですが飽きることがありません。
こちらも2時間以内で登頂することができます。

高千穂峰

3.大観峰(熊本県阿蘇市)標高935m

大観峰

登山者にとって「2時間以内」は気軽に登れる山ですが、全くの初心者からすれば「2時間も歩けないよ」という方も。
そんな方におススメのスポットが大観峰。標高は1000m以下ですが、阿蘇の外輪山に位置しているので阿蘇全体が見渡せます。そして、最大の特長は駐車場から徒歩10分以内で展望台まで行けること。売店やトレイなども完備されているので、初日の出に関わらず、近くに来たら是非、立ち寄っていただきたいスポットでもあります。

大観峰

本日は1月1日なので、すでに初日の出は拝んだよ、という方もいらっしゃると思いますが、絶対に後悔はしないスポットですので、“初”ではなくても機会があれば是非ご検討ください。

九州は自然の宝庫、食べ物の宝庫。本年もしっかりと九州の魅力を届けたいと思いますので、よろしくお願いします。

この記事をシェアする
この記事をシェアする
この記事を書いた人

Motto: 走るライター

観光スポットを走りたくなる年頃。